So-net無料ブログ作成
- | 次の10件

新芽いっぱい 鶴岡八幡宮の倒れた大銀杏(産経新聞)

 強風の影響で先月10日に倒れた鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)の県指定天然記念物「大銀杏(おおいちょう)」の根元から、小さな新芽が顔を出した。八幡宮が1日、発表した。

 八幡宮によると、長さ1センチ弱の緑色をした若い芽が多数出ているのが確認できた。正確な数は数えていないが、20以上は芽生えており、本殿に続く大石段からも見えるという。

 八幡宮は大銀杏の再生を願い、倒れた幹部分を根付かせるため先月14日に移植した。その一方、地面に残った根元から若い芽が出ることも期待していた。

 大銀杏の樹齢は推定千年。境内の記帳所では倒木から1週間後の先月17日から1日までに、再生を祈る人々約2万5千人が記帳したという。

【関連記事】
大銀杏倒れた鶴岡八幡宮、封鎖の石段8日ぶり開放
倒れた大銀杏、植え直し完了 鶴岡八幡宮
鎌倉・鶴岡八幡宮の大銀杏「再生の可能性は90%」
【産経抄】3月13日
クローン技術利用も!? 倒壊の鶴岡八幡宮大銀杏の「再生」検討
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

コンビニ納税、4月から全都道府県で=市町村は2割超−総務省調査(時事通信)
高速道に上限料金=車種別、6月から−普通車2千円、軽千円・国交省(時事通信)
警官装い「事件の証拠品として預かる」 忘れ物の免許証詐取した男逮捕(産経新聞)
しばたはつみさん死去(歌手)(時事通信)
緊張感なさすぎる…若林氏失態、若手ら落胆(読売新聞)

羽田空港、国際線ターミナルビル隣接ビルから出火 建設中の新駅、1人軽症(産経新聞)

 27日午前11時ごろ、東京都大田区羽田空港で建設中の国際線ターミナルビルに隣接するビルから出火した。

 東京消防庁が消火作業をし、3階建てのビルのうち、1階など約700平方メートルを焼いて、ほぼ消し止めた。

 東京消防庁によると、建設現場の作業員とみられる男性(45)が煙を吸って軽症とみられるという。

 京浜急行によると、出火したのはビル1階に建設中の同社の新しい駅。工事用として天井に設置された電球がショートして出火した可能性があるといい、警視庁などが今後、詳しい出火原因を調べる。

 出火当時、もうもうと黒煙が上がり、火災の激しさを物語るような光景となったという。

 ただ、火災現場から滑走路は約2キロ離れており、羽田空港によると、航空機の離着陸に影響は出ていない。

【関連記事】
日航2機の座席にもライター 国交省が全面点検指示
カレー粉で火災警報作動…インド機が緊急帰還
全日空機内で異臭 香港に緊急着陸
離陸直前、エアバス機から出火 仏で8人けが
米旅客機、着陸装置から炎 乗客2人軽傷

大阪と京都で3人を刺した石津被告に懲役20年(産経新聞)
住宅支援機構が認可額を上回る債券を発行(産経新聞)
<ES細胞研究>生殖細胞作成 4月にも解禁(毎日新聞)
証拠ないのに発表、違和感…銃撃事件で元長官(読売新聞)
モンベル社カード情報流出 不正利用被害100人超(産経新聞)

<不当表示>台湾産ウナギを「国産」 「日本一」に改善命令(毎日新聞)

 店内のポスターなどで台湾産ウナギを国産と不当表示して販売していたとして、消費者庁は29日、焼き鳥やウナギなどの製造販売会社「日本一」(千葉県野田市)に対し、景品表示法(優良誤認)に基づき、表示の改善などを求める措置命令を出した。

 同社は昨年7〜12月ごろ、各地のスーパーで展開する直営店37店舗で、台湾産ウナギ計約3000くしを販売した際、店頭のポップ広告や値段を記したカードなどに「国産」と表示。同庁の調査に対し、同社は「注文を受けた際、(会社にある)国産ウナギの在庫がなくなり、欠品を恐れて台湾産も出荷してしまった」などと話しているという。【奥山智己】

山手線内回りも運転再開(時事通信)
<グループホーム>スプリンクラー設置は約5割 7都県7市(毎日新聞)
<天気>宮古で氷点下20.3度…各地で2月並み寒さ(毎日新聞)
<訃報>石井幸夫さん71歳=毎日新聞懇話会最高顧問(毎日新聞)
京都大 卒業式、今年も仮装登場…でも少なめ(毎日新聞)
- | 次の10件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。